入曽自転車生活

サイクリスト向けアパレルブランド「IRISO」のディレクターをしているヒラヤマによる、自転車のある生活をつづったブログです。

ヒラヤマのロードバイク(=PINARELLO)遍歴

私のロードバイク歴はそんなに長くないです。
初めて買ったのは2016年。それまでヤフオクで落とした古いクロスバイクにずっと乗っていたのですが、何となくマヴィックのホイールに変えた時に乗り心地の激変に感動しました。「機材でこんなに変わるのか!?」ということを知り、より速いであろうロードバイクに興味を持ちました。

初代 GAN-RS

初代 GAN-RS

こちらが2016年秋に、一番最初に買ったロードバイク。
2016年型 PINARELLO GAN-RS、サイズは515です。買うにあたってY'sロードで様々なメーカーのバイクを見ましたが、PINARELLOのバイクのフォルムが一番格好よく感じ、こいつを選びました。試乗なんてしていません。見た目オンリーです。しかしこのバイクには半年しか乗りませんでした。

二代目 GAN-RS

二代目 GAN-RS

こちらが2017年春に買った、二台目のロードバイク。上と同じ?違います、こちらは2016年型 PINARELLO GAN-RS、サイズは465です。シートの出代がもっと欲しいというくだらない理由で、サイズを2つも下げてしまいました。私の身長は170cmなのですが、515サイズのフレームの方が圧倒的に乗りやすかったです。ダンシングした時の安定感も、下りの安心感も、比べ物になりません。

三代目 GAN-RS

三代目 GAN-RS

こちらが2017年秋に買った、三台目のロードバイク。2017年型 PINARELLO GAN-RS、サイズは引き続き465です。色が違うだけで、乗り味は全く変わりません。ロードバイクを三台連続でGAN-RSで乗り継いだ人間は、日本で私だけなのではないかと思っています笑。

DOGMA F10

DOGMA F10

こちらが2019年春から乗っている四台目のロードバイク、現在の愛車DOGMA F10です。サイズは500でMyWayシステムでカラーオーダーをしました。これまでのGAN-RSの515と465の中間のサイズです。およそ3年の間にPINARELLOのセカンド、ファーストグレードのバイクを4台、それぞれのサイズで乗り継いだ経験があるので、このフレームは自分の身体にもっともフィットしたサイズであると確信しています。

何でこんな短期間で乗り換えているのかって?それは不運な事故があったとだけ言っておきます……(いつか書けたら書きます)。