入曽自転車生活

サイクリスト向けアパレルブランド「IRISO」のディレクターをしているヒラヤマによる、自転車のある生活をつづったブログです。

クロスバイクをグラベル化計画 - その2「ブレーキ交換」

前回に引き続いて、クロスロードをグラベル化しています。

今回は変速系をシマノのまぁまぁよいグレードのものにしたいと考えていますので、ブレーキもそれなりのものに変更しました。

f:id:peace-yama:20200528164453j:plain

Vブレーキは、今はもう新しく開発されていないことを知りました。現状で手に入るのもので一番上位のグレードは、デオーレのT610シリーズのもの。これ自体も2013年に発表されたものです。

f:id:peace-yama:20200528164503j:plain

マニュアル通りやったら簡単に取り付けられました。

このブレーキの前は、テクトロのVブレーキとメーカー不明のレバーを組み合わせて使っていました。
正直な話、テクトロのブレーキってロードバイク界隈ではあまり良い評判を聞きません。しかし私は全然不満はなく、「しっかり効くじゃん」と思っていました。

しかしこのシマノのブレーキに換えて、その違いに驚きました。フィーリングも制動力も桁違いです。
フィーリングはともかく、この制動力はクロスバイクの街乗りにはオーバースペックかもしれません。それなりの速度が出ていても、思いっきり握ったら一瞬でフルロックしそうな予感がします。

そういう意味でいうと、テクトロのVブレーキは街乗りにはちょうどよい力です。
メーカーや製品ごとに、開発の意図はそれぞれあるでしょう。

f:id:peace-yama:20200528164514j:plain

そんなデオーレブレーキなのですが、レバーの形が微妙に握りづらいとは思っていました。調べてみると、取付位置が間違っているようでした。

f:id:peace-yama:20200528164526j:plain

ブレーキレバーには、2フィンガーと3フィンガーがあり、レバーのT610は2フィンガー、T611が3フィンガーのようです。
私が買ったのはT610なので、2フィンガータイプでした。そのため2本の指で自然に引ける位置にレバーを移動します。

f:id:peace-yama:20200528164539j:plain

調整した結果、レバーはこのような位置になりました。見た目的にもレバーが内側にある方が格好よいですね。

次はポジションを出しについてです。つづきます。